銀座熊本館トップへ

【永青文庫】歴史好き&大河ドラマファン必見の展覧会が開催中!

最終更新日:

  足利義昭に仕え、のちに織田信長に重用された明智光秀は、細川家初代・藤孝(ふじたか)と公私にわたり親密な間柄であったため、細川家の文化財を管理する永青文庫には、信長が光秀や藤孝に宛てて出した書状など、光秀の動きを知ることができる数多くの史料が伝わっており、さまざまな場面において、二人が常に連携しながら行動していたことがうかがえます。
 永青文庫(東京都文京区)の今回の展覧会では、最新の研究をもとに、光秀の最初期の活動実態をはじめ、織田政権下での軍事的手腕、盟友・藤孝との協働、本能寺の変の意義までを歴史資料から読み解くことで、「謀反人・光秀」のイメージを覆す、先進的な智将としての新たな人物像が提示されています。
 また、細川忠興(ただおき)に嫁いだ光秀の娘・玉(ガラシャ)の波乱に満ちた生涯も紹介されています。

 

 

概要

〇名 称: 新・明智光秀論 ―細川と明智 信長を支えた武将たち―
〇期 間: 2020年11月21日(土曜日)~2021年1月31日(日曜日)
〇会 場: 永青文庫(東京都文京区目白台1-1-1)
 ※詳細は、永青文庫のウェブサイトをご覧ください。
 http://www.eiseibunko.com/exhibition.html

 

 

関連サイト

◆ニコニコ美術館
 https://live2.nicovideo.jp/watch/lv328790398
◆NHK大河ドラマ放送日程
 https://www.nhk.or.jp/kirin/news/news_201021.html

 

明智光秀書状 粉引茶碗 大高麗

このページに関する
お問い合わせは
(ID:231)
銀座熊本館

〒104-0061  東京都中央区銀座5-3-16
     

Copyrights(c)2019 Ginza Kumamotokan All Rights Reserved